長期インターンは絶対に経験すべき!メリットについて徹底解説!

インターン
The following two tabs change content below.

成神 佳彰

すべらない就活の編集長。 大学時代に就活支援団体の立ち上げ、ベンチャー企業での長期インターンを経験。Goodfind、type就活でのイベント登壇実績、取材実績あり。

こんにちは!すべらない就活を運営している成神佳彰です。

私は大学生時代に1年間の長期インターンを経験しWebメディアの運用全般に携わるなど、長期インターンから多くの経験を積むことができました。

そこで今回は、「長期インターンを始めるかどうか悩んでいる」という大学生のために、長期インターンを始めるメリットについて私の実体験を踏まえて紹介していきたいと思います。

そもそも長期インターンってなに?

長期インターンとは、「一定の期間(3ヶ月〜1年単位)、企業で就業体験をすること」を指します。

企業のPRや短時間のグループワークで終わってしまうものが多い短期インターンに対して、

長期インターンは実務経験を積むことができるのが大きな特徴です。

事業に携わることが出来ることのほかに、社会人と同じ環境で働くことで

ビジネスマナーが身についたり、自分のキャリア形成を考えるきっかけになる

など実務経験以外にも多くのものが得られます。

 

長期インターンをするメリット

それでは、長期インターンを経験することのメリットについて解説してきましょう。

 

・お金を稼ぎながら、ビジネスの勉強を深められる

長期インターンは給与形態の違いはありますが、有給のものが多いです。

「実務を通して学生に成長機会を与えたい」と長期インターンを受け入れている企業が多いため、

ゼロからビジネスについて勉強しつつ、お金を稼ぐことができます。

一方で、社会人になるとまず求められるのは「成果」であり、

働く上で成果を出すことが第一条件になります。

そのため、「未経験、ゼロからの成長」が許されてなおかつお金を稼ぐことが出来るのは、

学生の特権といえるでしょう。

実務に携わる以上、一定のコミット(週3以上の出勤、10:00~19:00のフル出勤など)

を求められますが、

それにより得られる実務経験、成功体験は代えがたいものがあります。

 

・就活でのミスマッチの確率が減る

就活ではどうしても「業界・職種や企業のイメージ」が先行してしまい、

将来働く自分の姿がイメージしにくい部分があると思います。

長期インターンで実務経験を積み、その業界・職種と自分の相性を図ることで、

経験に基づいた自己分析が可能になりミスマッチを防ぐことが出来ます。

 

・就活で有利になる

長期インターンの経験は、就活において前向きな評価を受けることが多いです。

前向きに評価されるパターンは2つあります。

1点目が、「働くことへの意欲(マインド)の高さが評価される」という点です。

長期インターンをしてる大学生は全体の3%以下だと言われており、

ビジネスの世界に飛び込んでいる大学生はごく一部なので、その前向きな姿勢は評価されやすいです。

長期インターンを経験している人の中でも、明確な目標を持って前向きに仕事をしていた人の方が

就活で評価されやすいと思います。

2点目が、「実務経験があり、業界とのミスマッチが少ない」という点です。

就活において、採用側は学生のポテンシャルだけでなく、「企業・業界・職種とマッチしているか」も見ています。

長期インターン先と同じ職種・業界の企業を受ける場合、

学生側が先入観をもって選考を受けている可能性が少ないため、

よりマッチした人材だと企業が受け取る可能性があります。

すでに就職したい業界・職種が明確になっている場合は、

できるだけ実務経験の積める企業を長期インターン先に選ぶといいでしょう。

 

・学生のうちに様々なスキルセットを身につけることが出来る

学業との両立、スケジュール管理さえ気をつければ、

長期インターンは掛け持ちすることが可能です。

インターンをしているうちに、他に自分にとって必要なスキルが見えてきたり、

複合的に他の就業経験を積んでみたい、ということがあるかもしれません。

そのようなニーズに、長期インターンの形式は非常にマッチしているといえます。

社会に出ると年単位での企業へのコミットが求められ、

短期間で会社を辞めると転職が難しくなってしまいます。

徐々に広まりつつありますが、副業という選択肢もあまり一般的ではありません。

長期インターンという形式、学生であるという立場を活かせば、

同時に複数企業でのスキルセットの習得が可能です。

長期インターンならではのキャリアを積むことができます。

 

【職種別】長期インターンのメリット

業界・企業によっても仕事内容は異なりますが、私の知る限り長期インターンでの職種は大きく分けて3つあると考えています。

・営業職

営業職のインターンは、有形商材・無形商材含め数多くの企業が募集しています。

営業は、顧客の課題やニーズを引き出して売り込んでいく分析力や、

人間としての愛嬌やトーク力といったコミュニケーション力が求められる職種です。

営業の形態は、アポイントメントセールスや電話営業など多岐にわたりますが、

企業の代表者として営業をする責任感、対面で商材を売り込み契約を取る度胸や冷静さ

顧客の課題解決力を育むことができます。

学生のうちから営業のノウハウを心得ていることは、

新卒で大きな戦力となりうるでしょう。

 

・マーケティング職

マーケティング職も、営業職と同じくらい募集が多い職種です。

マーケターに求められるスキルは、

顔の見えないユーザーの便利さ・豊かさを創造するクリエイティブ性、

サービスの成果を数字で追う分析力

どのように会員登録数を増やすか、などの正解のない問いに対して

仮設・検証を繰り返し続ける思考体力、が挙げられます。

インターンの裁量権によっては、マーケターはマネジメント業務を担うこともあるため、

学生ながらリーダーシップを取る経験が積めることもあります。

マーケティングは他の職種(人事、企画職など)でも重視されることがあるので、

インターンを通して、応用が効くスキルセットを習得することが出来ます。

 

・エンジニア職

募集は他の職種に比べて少ないですが、エンジニアもインターンが可能な職種です。

エンジニアインターンのメリットは、

実際のサービスのソースコードが見られること、

大規模なテクノロジーに直に触れられること、

プロのエンジニアのフィードバックが受けられることにあります。

学生のうちから本物のサービスの複雑なソースに触れ、質の高い実装が出来るというのは、

単なる就業体験にとどまらず 、エンジニアとしての市場価値に直結します。

技術力さえあれば年齢や学歴は関係ないのがエンジニアの世界なので、

学生の時期から、実務経験を通してエンジニアとしての市場価値を高めたい人は

エンジニアインターンをおすすめします。

 

【企業規模別】長期インターンのメリット

【長期インターンのメリット】大手企業のケース

大手企業の長期インターンについて気になる方も多いですよね。

詳しくは以下の記事にまとめましたので、大手企業の長期インターンについて気になる方は参考にしてみてください。

 

 

【長期インターンのメリット】ベンチャー企業のケース

「ベンチャー企業はよくわからないし、なんとなく不安。。」という方もいらっしゃるかと思います。

そんな不安を解決するために、ベンチャー企業の長期インターンについて以下の記事にまとめました。

 

 

【長期インターンのメリット】スタートアップのケース

スタートアップでの長期インターンを経験した人は少ないのではないでしょうか?

筆者である私は、学生時代にスタートアップで長期インターンをやっていた経験あります。

 

以下の記事でスタートアップの長期インターンについて解説していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

 

長期インターンのメリットを120%活かすために

最後に、これまで紹介してきた長期インターンのメリットをさらに活かすために、

やるべきことを解説します。

 

・裁量権が大きいインターンを選ぶ

いくら実務経験を豊かに積みたいと思っていても、

単純作業ばかりでプロジェクトの末端しか任せてもらえないケースや、

インターン生を学生バイトのように雑用ばかりやらせたりする企業も少なからず存在します。

一般的に長期インターンにおいて、

ベンチャー企業でのインターンは裁量権が大きい場合が多いです。

新規事業の立案やサービスの設計など、社員と同じ責任感・裁量がある仕事を任せてもらえることが期待できます。

 

・目標設定をしっかりする

成長に目標設定は不可欠です。

日々の業務に追われてなんとなくインターンをしてしまうのは多大な機会損失です。

月単位で大きなゴールを立て、それに向けて日単位で何をすべきかを逆算していきましょう。

たとえば、「〜を学ぶ」というゴールを立てると、

達成のためのアプローチがインプット(本を読むなど)に偏りがちになりますが、

「〜という本を読んだ結果、◯◯が出来るようになった」といったように、

インプット面、アウトプット面の両方から目標設定をしましょう。

機会から学ぶと言いつつも、待っていても何も身につかないのが

OJT(On the Job Training)の落とし穴でもあります。

 

・業務時間外のインプットを欠かさない

学生の時期から実務経験を積めることは大変貴重な機会です。

常に「本当に業務時間で学ぶべきことはなにか」を考えて行動しましょう。

次の出社日のアウトプットのためには、どのようなインプットが必要なのか、

業務時間内でのアウトプットを最大化するための対策をとりましょう。

長期インターンでは、学業との両立が大きな課題になってきますが、

その制限された時間の中でしっかりと成果を出すことは、

就活など様々な局面で大きなアピールポイントになるでしょう。