Webマーケティングの長期インターンで身につくスキルや仕事内容を経験者が解説!

インターン
The following two tabs change content below.

成神 佳彰

すべらない就活の編集長。 大学時代に就活支援団体の立ち上げ、ベンチャー企業での長期インターンを経験。Goodfind、type就活でのイベント登壇実績、取材実績あり。

こんにちは!すべらない就活を運営している成神佳彰です。

普段はベンチャー企業に勤めながら、就活支援やインターン紹介をしております。

今回は、マーケティングの長期インターンに興味を持っている皆さんのために、マーケティングインターンでの仕事内容や得ることのできるスキルや能力について解説します。

私は学生時代にマーケティングの長期インターンを経験し、社会人である現在もマーケティング職のインターン生の教育も担当していますので、現場レベルのリアルな内容をお伝えできればと思います。

マーケティング職の仕事・役割について

マーケティング職の役割を大まかに言うと、「商品やサービスが売れる仕組みを作る」ことです。

見込み客を集め、商品やサービスを購入して頂く一連のプロセスを改善していくのがマーケティング職の役割になります。

マーケティング職の長期インターンの求人にある仕事内容は、基本的にメディア運用が多いと思いますが、ユーザーへの市場調査などアナログなマーケティングの仕事も一部あると思います。

 

マーケティング職の種類について

マーケティング職にも、以下のような手法・領域があります。

仕事内容はそれぞれで異なるものの、「売れる仕組みを作る」ための手段という点ではどれも共通しています。

それぞれの仕事の種類について見ていきましょう。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、GoogleやYahoo!の検索結果で上位に表示させるためのマーケティング手法のことです。

検索結果で上位に表示されることで、自社メディアが多くの人にアクセスしてもらえるので、認知度を上げることができます。

SEOは広告費とは違い、広告費無しで出来るマーケティング手法であるため、SEOのノウハウや経験のある方は就職活動で評価されることも多いでしょう。

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、みなさんも日頃から利用しているTwitterやFacebook、instagramなどの運用になります。

どのような投稿をすれば多くの人に読んでもらえるのか、ハッシュタグは何をつければ良いのかなど、フォロワーを増やすためにどのような施策を打つべきを考えて実行するのが主な仕事になります。

広告運用

広告運用では、どの媒体に広告を出したら良いのか、どのような広告をどれくらいの予算で掲載すべきなどの戦略を立てて実行していくのが主な仕事になります。

出来るだけ少ない予算で多くの人に広告を見てもらうことが重要ですので、コストパフォーマンスを常に追求するお仕事です。

メールマーケティング(One to Oneマーケティング)

メールマーケティングは、サイトに会員登録した会員ユーザーに対してメルマガを送る仕事になります。

ただメールを送れば良いという訳ではなく、どの年齢や性別、地域や属性の人にメールを送れば興味を持ってもらえるのかなど、会員データを見ながら効率的にメールを配信できるように改善していくことが求められます。

 

マーケティングの長期インターンで得られるスキル・経験

仮説検証力

仮説検証力とは、成果が出ていないのはどこに原因があるのか、それを解決するためにはどのような施策を打てば良いのかという仮説を立てて、一定期間後にその仮説が合っているかを確かめるといった能力です。

問題に対して正しい仮説を立てられることができるか、仮説が間違っていたら他にどんな仮説が立てられるのかなど、問題解決をするための本質を突く能力をマーケティング職の仕事を通じて身につけることができます。

仮説を立てて検証する能力は、マーケティング職だけでなくその他の職種でも重要な能力となります。

マーケティングは地道な仕事ですが、地道な努力を継続することで仮説検証力を身につけることができます。

課題発見力

仮説検証力を身につける前に、まずは現状の課題に気づかなければなりません。

複数の課題がある中でどれが最も影響力があるのか、優先度が高いのかを判断する必要があります。

マーケティングの仕事では、「今は何が課題になっているのか」を毎日考えるので、長期インターンを通じて今すぐ解決すべき課題を発見できるようになります。

数値分析力

マーケティングは、数値と向き合う地道なお仕事です。

ユーザーの評価も全て数値となって現れますし、数値を分析して改善するプロセスからは逃れられることができません。

マーケティング職を長く経験することで、数値を正しく分析できるようになることができます。

数値分析はマーケターだけでなくどの職種で必要ですので、マーケティング職のインターン経験は将来に活かせる点も多いのではないでしょうか?