成長を求めて営業の長期インターンへ(粂田 紘希さん)【長期インターン体験談】

インタビュー
The following two tabs change content below.

成神 佳彰

ReBibleの編集長。 学生時代に就活支援団体の立ち上げ、ベンチャー企業での長期インターンを経験。大手人材会社でのイベント登壇実績、取材実績あり。現在は、人材業界のメディア責任者。

自己紹介

みなさん、こんにちは!
國學院大學4年の粂田紘希です。

長期インターンといっても2017年10月から始めてまだ2ヶ月ですが、インターンで感じたこと、学んだことを書いていきたいと思います。

今後のインターンをやるかやらないかの判断はもちろん、就職先の判断に少しでも役立てれば幸いです。

長期インターンを始めた理由は?

上記でも書きましたが、2017年10月よりインターンをやっています。

インターンをやろうと思ったきっかけは本当に単純で、バイトしてるくらいならインターンを始めようと思って始めました。

私は飲食店のバイトを3年半程やっており、学生では1番歴が長くなったせいかバイトからあまり成長を感じなくなっていました。

勿論、やり方によってはバイトでも成長することはできたと思います。

しかし、「慣れきったバイトより、全く出来ない長期インターンをやってみたい」と思いました。

普段はどんな業務をしていますか?

簡単に言うと、営業をしています。

流れを書くとテレアポして提案資料などを制作し、商談をしに行きます。

後輩などに「どんな課題を解決したいのか」とよく聞かれるのですが、自分の課題を解決したくインターンに参加してます。

私自身、【人を幸せにする】と言う夢がありますが、この夢を自分の仲間と達成したいです。

仲間と事業を立ち上げる時に自分自身の力が成長していないと足手纏いにもなるので、自分自身の実力を上げるためにやっています。

長期インターンでの目標は?

私の場合、インターンで1つの区切りとしておらず入社した後も継続しての目標なので、インターンでの目標となると難しいですが、あえて言うとすればインターン中は死ぬほど失敗をしたいと思ってます。

成長するためには改善が必要ですが、人間はそれを頭で分かっていても改善するための行動を起こすことができません。

失敗をして、実感する事で改善への一歩を踏み出せると思っています。

なので、長期インターン中は死ぬほど失敗します。

あなたが考える「長期インターンの価値」について教えてください

物事にはメリット・デメリットが必ず存在しています。

長期インターンも例外ではなくメリット・デメリットが存在します。

メリットは「自分の成長につながる」「夢に近づける事」「社会人としてのマナー、業務内容が分かる」などが上げられると思います。

一方デメリットは、「人生最後の夏休みがなくなる」「平日遊べない」「朝が早い」なとが上げられると思います。

私は、一般的にインターンをやることが正解だとも不正解だと思いません。

長期インターンをやっていなくてもスポーツで頑張ってる人、バイトで頑張ってる人、勉強を頑張っている人、ビジコンに出て頑張っている人などたくさんいます。

自分自身が長期インターンのメリット・デメリットを理解し、価値があると思えば、長期インターンは価値のあるものになるのではないでしょうか?

 

長期インターンで成長しよう