就活相談が電話でできる!おすすめサービス5選【無料/有料】

就活
The following two tabs change content below.

成神 佳彰

すべらない就活の編集長。 大学時代に就活支援団体の立ち上げ、ベンチャー企業での長期インターンを経験。Goodfind、type就活でのイベント登壇実績、取材実績あり。

電話で就活相談してみたいけど、どんなサービスがあるか分からない

就活相談を電話でできるおすすめのサービスを知りたい

皆さんはこのようなお悩みを抱えていませんか?

この記事では、「就活相談を電話でできるおすすめサービス」をご紹介します。

就活相談が電話でできるサービスには「無料サービス」と「有料サービス」の2種類があります。

利用すべき就職支援サービスを間違えると時間がムダになってしまいますし、足手まといになるので注意して選ぶ必要があります。

このページで紹介する各サービスの特徴を理解し、自身に合ったサービスを選んで利用してください。

電話で就活相談するなら有料サービスがおすすめ

結論から言うと、就活相談を電話でするなら有料のサービスを利用するのがおすすめです。

理由としては3つあります。

【電話での就活相談は有料サービスをおすすめする理由】

  1. キャリアアドバイザーの質が高い
  2. 就活生に寄り添った客観的なアドバイス
  3. お金を払うことで主体的に取り組める

それぞれの理由について、以下で説明していきますね。

理由1:キャリアアドバイザーの質が高い

有料サービスの場合、経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれることが多く、学べることが非常に多いです。

多くの業界や職種に精通しており、5年先10年先を見据えたアドバイスをしてくれます。

普通の就活生が知らない知識を教えてくれるので、学べることが非常に多いんですよね。

一方、無料サービスのほとんどは国が運営しており、キャリアアドバイザーの質は正直微妙だと思います。

理由2:就活生に寄り添った客観的なアドバイス

就活相談することにお金を払うサービスなので、アドバイザーから客観的なアドバイスをもらうことができます。

無料サービスの場合、企業は就活相談以外の部分で利益を生む必要があるので、相談後に求人を紹介されたり、アドバイスの内容が偏ることがあるんです。

理由3:お金を払うことで主体的に取り組める

お金を払って就活相談するとなると、その機会を最大限活用しようと主体的に行動するようになります。

「せっかくお金を払うなら無駄にしたくない」と誰もが思うでしょう。

無料サービスは気軽に利用できるメリットがありますが、主体的に就職活動を進めるきっかけとして有料サービスを利用することに大きな価値があるのです。

【有料】電話で就活相談できるおすすめサービス2選

電話で就活相談できる有料サービスを2つ紹介します。

それぞれの特徴を紹介していくので、良いと思ったサービスを利用してみてくださいね。

そうだんドットミー(キャリア相談に特化)

そうだんドットミーは、転職エージェント出身者や国家資格を保有するキャリアコンサルタントに相談できるオンラインサービスです。

利用者は転職者が多いですが、就活生にとっても非常に役立つサービスになっています。

初回利用時のみ満足できなかった方は全額返金してくれるので、安心して利用できますね。

プラン名 時間 料金
カジュアルお試しコース 45分 7,380円
じっくり相談コース 60分 9,800円
本気の相談コース 90分 14,800円

ココナラ(知識・スキル・経験をシェア)

ココナラは、自分の得意なことを活かしてサービスを提供できるサービスです。

キャリアアドバイザーや大手企業の人事経験者からアドバイスをもらうことができます。

就活相談はもちろん、自己分析やES対策、面接対策など幅広いことを相談することが可能です。

人によってプラン内容や料金が違うので、目的に合わせて利用すると良いでしょう。

料金は1分100~150円のプランがほとんどなので、1時間6000~9000円で利用することが可能です。

【無料】電話で就活相談できるおすすめサービス3選

有料サービスを使うのが基本的にオススメですが、気軽に利用できる無料のサービスも3つご紹介しておきます。

おしごとアドバイザー(厚生労働省が運営)

おしごとアドバイザーは、厚生労働省が運営している就職・転職支援サービスです。

仕事や就職の悩みについて、電話で気軽に相談することが可能です。

フリーターやアルバイトなど非正規雇用者が利用することが多く、ハローワークを利用する層の方が使っているイメージです。

利用者の年齢や雇用形態、抱えている悩みは以下になります。

就活生向けのサービスではないのでオススメはしませんが、利用したい方はこちら(おしごとアドバイザーを利用する)からどうぞ。

全国職業相談センター(就職・社会復帰・独立を支援)

全国職業センターは、就職や社会復帰、独立など仕事に関するあらゆることを電話・メールで相談できるサービスです。

全てのサービスを無料で提供していますが、人材紹介会社では無いので求人を無理やり紹介される心配はありません。

場所は東京になりますが、実際に行かなくても電話やメールで相談できるので気軽に利用できます。

東京しごとセンターヤングコーナー(東京都が委託して運営)

東京しごとセンターヤングコーナーは、東京都が委託して運営している若者向け就職支援サービスで、学生も利用することが可能です。

専門のアドバイザーによるカウンセリングを始め、面接対策講座や合同企業説明会などのイベントも年間300回以上開催されています。

もちろん電話で相談することも可能ですし、無料で利用することができます。

電話で就活相談するときのポイント

電話での就活相談で得られる成果を最大化するポイントが3つあります。

事前準備も非常に大切なので、相談する前に以下の3点を準備しておいてください。

1.自己分析をしておく

自己分析をして資料にまとめておくと、自分のことを相手に伝えやすくなり、自分のことを知ってもらうことができます。

自分の人間性を理解してもらうことで就活相談がスムーズに進みますし、キャリアアドバイザーのアドバイスの質も上がります。

自己分析は就活相談するときの土台になりますので、まだやっていない人は就活相談の前に済ませておきましょう。

2.就活相談のゴールを明確にしておく

就活相談のゴールを明確にして、ゴールをキャリアアドバイザーに共有すると、相談時の無駄な時間を省くことができるのでオススメです。

例えば「〇〇業界の働き方について知りたい」「ベンチャー企業のメリット・デメリットを知りたい」など、具体的なゴールが良いですね。

ゴールを言語化しておかないと、何を質問したら良いか分からなくなってしまうので、注意しましょう。

3.質問リストを作成しておく

最後に、就活相談のゴールにたどり着くために質問すべきことをリストアップしておきましょう。

「これを聞けば大丈夫だ」と納得できるくらい、質問を具体的に洗い出してみてください。

その質問を就活相談で聞いてみて、相手が話したことを深掘りする質問もできると良いですね。

就活相談はキャリアアドバイザーにするのがおすすめ

就活相談を大学の先輩や友達にするのは非効率なので、キャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

詳しくはこちらの記事(就活の相談でオススメの相談相手を紹介)で解説しているので、ぜひ参考にしてください。