就活生こそ転職サイトを活用すべき3つの理由とは?

就活
The following two tabs change content below.

成神 佳彰

ReBibleの編集長。 学生時代に就活支援団体の立ち上げ、ベンチャー企業での長期インターンを経験。大手人材会社でのイベント登壇実績、取材実績あり。現在は、人材業界のメディア責任者。

こんにちは!成神 佳彰(ナルカミ ヨシアキ)です!

皆さんは、転職サイトを使った就職活動をご存知でしょうか?

「転職サイトは転職する人が使うものでしょ?」と思うかもしれませんが、実は就活でも転職サイトを活用する方法があります。

今回は、「転職サイトを使った就職活動」についてご説明していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

 

そもそも新卒が転職サイトに登録・応募できるのか

結論的に言うと、学生でも転職サイトに登録することは可能ですが応募をすることはできません。

ですので、学生は転職サイトの情報は閲覧のみ可能ということになります。

ほんの一部だけ学生でも応募可能な求人もありますが、基本的には応募はできないと考えておきましょう。

新卒が転職サイトを利用すべき3つの理由

①企業の詳しい情報まで知ることができる

転職サイトは、就活サイトに比べて企業情報が詳しく載っています。

新卒で就活する際は企業の情報をしっかり調べたい方が多いと思うので、就活でも転職サイトを参考にした方が良いのです。

企業が自分のイメージと一致しているのかどうか、イメージと相違のある部分はどこなのかを明確にすることができます。

②企業が求めているスキル・人物像を知ることができる

転職サイトの求人に「求めるスキル・経験」が書かれていますが、それは新入社員に求めるスキル・経験と一致しています。入社してから数年後にどんなスキルを求められるのか、期待されているのかを知ることができます。

自分の適性と企業が求めているものを照らし合わせることで、「自分がそのポジションに興味があるのか」「自分がその企業とマッチしているのか」を再認識できるので、そういう意味でも活用できるのです。

③キャリア形成を逆算できる

一部の大手企業、ポジションによっては新卒で就職するのが難しいことがあります。

そんな時に参考にしておくべきなのが転職サイトです。

例えば将来働きたい会社があったとしたときに、転職サイトでその会社の求人で「求められているスキル」を調べ、新卒ではそのスキルが身につく会社を選ぶといった使い方が可能です。

このように、将来の自分の目標から逆算してキャリアを考えるために転職サイトを活用することをオススメします。

新卒の転職サイトの活用法まとめ

新卒の方がどのように転職サイトを利用すべきなのか、まとめてみました。

①企業情報の情報収集

先ほどもご説明しましたが、転職サイトはより詳細な企業情報が掲載されています。

企業の情報収集するために、転職サイトの企業ページを熟読しましょう。

②「求めるスキル」を見て社員に期待されるスキルやマインドを認識しておく

転職サイトの企業の「求めるスキル」は、新入社員に求める内容とイコールになります。

もちろん入社直後に求められるわけではありませんが、数年後は求められることになります。

また、社風と自分があっているのかという点も確認しておきましょう。

③将来働きたい会社・ポジションの求人情報からキャリアを逆算する

新卒で就くのが難しいポジションでも、数年後にたどり着くことができます。

憧れの企業に就職したい方は、求人情報で「求めるスキル」を確認し、そのスキルを身につけられる会社に新卒で就職しましょう。

就活でオススメの転職サイトを紹介!

最後に、これから就活を迎える新卒の学生にオススメの転職サイトを2つご紹介します!

以下の2つのサイトを参考にして就活をしてみてはいかがでしょうか?

Calligood(コーリングッド)

Callingood(コーリングッド)は、転職者の質問に対して、転職のプロである転職エージェントが回答する転職Q&Aサイトです。

他の求人サイトとは異なり、各企業の情報について転職エージェントが回答してくれているので、とても価値のある情報を得ることができます。

転職者だけでなく、学生にオススメしたいメディアです。

エン転職

エン転職は、バカリズムさんがCMに出演しているので、皆さんもCMをご覧になったことがあるかもしれません!

エン転職は、各企業の情報がグラフなどを使いながら分かりやすく説明しており、他のサイトに比べて直感的に企業について理解することができるでしょう。